車検切れの罰則まとめ【罰金は?減点は?】

aab2e219f89b6a37503acbcb0144a743_s

車検は数年おきに定期的に行う必要があります。

 

 

これは、整備が不十分な車が公道を走ることで事故が起こってしまうリスクを下げるためのルールです。

 

 

そのため、単に車検が切れてしまったことだけでは罰金等のペナルティはなく、「車検が切れている車で公道を走った時」に初めてペナルティが発生することになります。

 

 

ここでは車検切れに関する罰則について確認しておきましょう。

車検切れの罰則ではどのようなペナルティがある?

車検切れの車を公道では知らせると、以下のような罰則があります。

 

 

まず、違反点数は6点となります。
違反点数が6点を越えると免許停止が30日間ということになりますので、取り締まられると一発免停ということになってしまいます。

 

 

罰金に関しては30万円以下の罰金となります。必ず30万円の罰金というわけではなく、裁判所が具体的なケースを見ながら金額を決定します。

車検切れの車は、たいてい自賠責保険も切れている

車に乗っていると必ず加入しなければならない「自賠責保険」の保険料は、車検の際に支払うのが普通です。

 

 

そのため、車検切れとなっている車のほとんどがこの自賠責保険も切れてしまっている可能性が高いです。

 

 

「車検切れ+自賠責保険切れ」の場合はさらに思いペナルティが課されてしまいます。

具体的には、上記の車検切れの罰則(違反点数6点と30万円以下の罰金)に加えて、

 

  • 保険切れの違反点数6点
  • 罰金50万円以下

 

がプラスされますので、車検切れ+自賠責保険切れの場合には

 

  • 違反点数合計12点で90日の免許停止
  • 罰金は合計で80万円以下の金額

 

ということになります。

会社の社用車で車検切れ・・・罰則はだれが払うの?

会社の社用車を、車検が切れていることを知らずに乗ってしまっていた・・・。というケースは非常に多いようです。

 

 

自分が所有している車であればこまめにチェックを行うのが普通でしょうが、社用車となると会社の管理者任せになってしまいがちです。

 

 

ですが、いくら会社の車といっても車検切れの車を公道で走らせると罰則を受けるのは車の運転をしていた人です。

 

 

自賠責についても切れている可能性が高いでしょうから、上記の通り違反点数計12点、80万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

 

 

罰金に関しては会社側と相談して負担額を決めるということはあるかもしれませんが、罰金の名義人となってしまうのは実際に運転を行った人なので注意しましょう。

 

車検切れの車を車検に出すには?

車検切れの車で公道を走ってしまうと上で解説したようなペナルティを受けてしまいます。

 

車検はディーラーやガソリンスタンド、車の修理業車さんのお店などで受けることができますが、こうしたお店まで車を持っていくためには公道を走らなくてはなりませんよね。

 

 

そのため、車検切れの車を車検に出すには、レッカーなどでお店まで運んでもらわなくてはなりません。
たとえ車検を受けに行くためであっても、車検切れの車を公道で走らせてしまうことはできませんので注意しましょう。

 

レッカーしてもらうというとJAFが真っ先に思いつくかと思いますが、JAFは基本的に車検切れ、自賠責保険切れの車はレッカーしてくれません。

 

 

実際には修理業車さんやディーラーに依頼して回送してもらう必要があります。
電話などで「車検が切れているので、回送してもらいたいのですが・・・」と相談してみると良いでしょう(回送は有料の場合と無料の場合があります)

 

まとめ

以上、車検が切れてしまった場合の罰則について説明させていただきました。

 

車検が切れてしまうと様々な罰則を受ける可能性があるだけではなく、レッカー代など無駄な費用が発生してしまいます。

 

時期が近づいてきたら早急に車検を受けるようにしましょう。

コメントを残す